靴修理に役立つ豆知識。ビンテージスチールとはどんなもの?

お気に入りの革靴も履き続けているうちに少しずつダメージが蓄積されていきます。特にダメージを受けやすいのが靴底ですが、かかとと並んでつま先は地面との摩擦によって少しずつ削れてしまいます。靴底はダメージが深刻になると修理時代が難しくなるので長く履き続けるには定期的な修理が欠かせません。

しかし、できることならなるべく修理しないで済むに越したことはありません。そんな時に活躍するのがビンテージスチールです。

ビンテージスチールとは一体何なのか

ビンテージスチールとは別名トゥースチールと呼ばれていてソールのつま先部分が摩耗しないように取り付ける金属製のパーツです。一般的には専門の修理工に取り付けをお願いすることが多いのですが、中には自分で取り付けることが可能なキットも販売されています。

ビンテージスチールを取り付けるメリットとは

革靴のソールは一般的に革もしくはラバーでできています。ラバーの場合には耐久性が高いことからビンテージスチールを取り付ける必要はほとんどありませんが、革製のソールの場合、アスファルトなどで簡単に摩耗してしまいます。

そこでビンテージスチールによってつま先の摩耗を防ぐことができます。靴のつま先は摩耗によるすり減りが大きい箇所であることや、かかとに比べてソールが薄いことから放置しておくとアッパーにまでダメージが及び、その結果として修理ができなくなることもあります。

そのため、より頑丈な素材であるビンテージスチールを貼り付けるという訳です。

『大切な革靴の底の減りが気になる!そんな時は迷わず早めに修理しよう』

ビンテージスチールを取り付けるタイミングはいつ?

ビンテージスチールは靴のソールを修理する際に取り付けるというイメージがありますが、もし革靴を買った時につま先部分の摩耗が気になるようでしたら、靴を履き始める前にビンテージスチールを取り付けてもらうことをおすすめします。

というのも、革靴は買った時にはソールはフラットな状態になっていて、履き続けるにつれて人の体重などによってソールが徐々に反り返り、つま先が若干上を向いてきます。つまり革靴は履き始めた時が最も地面とつま先がこすれやすく、ダメージを受けやすいのです。

実際に新品の革靴を履くとあっという間につま先がすり減ることも多いのですが、逆に一度修理してしまえばそのうちソールが反るため、以降は意外なほどつま先へのダメージは少なくなるものです。

『初めての方にオススメ!気軽に靴修理に出せる格安店をご紹介!』

ビンテージスチールを取り付けるための費用は?

ビンテージスチールは自分で取り付けるタイプのものであれば1000円ほどで販売されています。また、靴の修理工にお願いすると、修理代を含めて3000円程度の価格設定になります。革靴はソール全体の張替えになると70000円以上が相場で、高いものになると20000円以上になる場合もあります。

そのため、ビンテージスチールは比較的、安価な修理方法であると言えます。

『お気に入りの靴を長く使うための修理方法と修理できない状態の対処法』

潔く靴の修理工にお願いしよう

ボルトを使ってつま先部分に取り付けることができるビンテージスチールは一見、簡単そうな作業に見えます。しかし、ビンテージスチールの厚みが目立たないように革を削ったりと繊細な作業が必要になります。また、取り付けの際に深刻なダメージを与えてしまう可能性もあるので、潔く修理工にお願いした方が無難です。

どんな靴がビンテージスチールの取り付けに向いているのか

どのような革靴でもビンテージスチールの取り付けが向いているという訳ではありません。ビンテージスチールは金属でできているため、その見た目も無骨という特徴があります。つまり、カントリーシューズなど若干、ワイルドな雰囲気のある靴に取り付けると良い雰囲気になります。

また、ラウンドトゥと呼ばれるつま先の形状が丸みを帯びている靴はつま先が反りづらいため、ビンテージスチールによる摩耗の軽減効果が高いと言えます。

ビンテージスチールが似合わない靴もある?

カントリーシューズやラウンドトゥとは反対にビンテージスチールが似合わない靴もあり、特に気をつけたいのが華奢な造りの靴です。華奢な造りの靴は見た目の美しさのためにソールを薄いものが多いです。特にイタリア製の靴に多いマッケイと呼ばれる製法ではソールを薄く仕立ててあり、中にはカラス仕上げといってソールの全面、もしくは反面に色付けを施したものもあります。

つまり、履く人にも周囲の人にも見えないような靴底にまで作り手の美意識を反映させているということになります。そのような靴にビンテージスチールを取り付けるというのはどういうことかと言えば、作り手の美意識を台無しにしてしまう行為といっても過言ではありません。

もちろん美意識には個人差はありますが、一般的に華奢でエレガントな靴にビンテージスチールは不向きです。靴は機能性も大事ですが、ファッションアイテムのひとつなのでその美しさにも配慮することが大切です。

ビンテージスチールのデメリットその1、サビによる劣化

ビンテージスチールはその名の通りスチール製であるためにサビによる劣化は避けられません。ビンテージスチールのみがサビているだけなら交換すればよいだけなのですが、サビは周囲の革部分に色が着くなど劣化の原因にもなります。

特に雨の日などソールが濡れた場合はソールの水分を拭き取ったりかかとを上に向けて立てかけるなどし、早めにソールを乾かすことが大切です。

ビンテージスチールのデメリットその2、音が気になる

ビンテージスチールを取り付けた靴でタイルなどの上を歩くと、歩くたびにカチカチという音が気になるという人もいます。これは歩き方や感じ方などの個人差もありますが、ビンテージスチールを取り付けた際に最も多いデメリットのひとつです。

ビンテージスチールは滑りやすいという誤解

ビンテージスチールを取り付けた際のデメリットで耳にするのが「滑りやすい。」という声です。たしかに革靴を履いているとつるつるとした床で不意に滑ってしまうこともあります。特にレザーソールの場合にはラバーソールに比べて滑りやすいのですが、これはつま先の素材はあまり関係なく、どちらかというとかかとが着地した瞬間に滑っている場合が多いと言えます。

つまりビンテージスチールによって滑りやすくなるという心配は不要です。

歩き方によってもビンテージスチールの必要性は変わってくる?

一般的に靴はかかとから着地するため、かかとの方がソールの減りが早くなります。しかし猫背の人などは前側に重心がかかるため、つま先の減りが早くなってしまいます。また、背骨のゆがみなどによりつま先の内側もしくは外側どちらかがすり減るということもあります。

この方減りは靴の美しさを損ねる原因のひとつなので、歩き方の癖によってもビンテージスチールを取り付けるかどうか検討してみるとよいでしょう。

何はともあれビンテージスチールを一度試してみよう

ここまでビンテージスチールについていろいろと説明してきましたが、とりあえず一度試してみないことにはわからないことも多いはずです。もし、仮にビンテージスチールを取り付けても好みでないと感じたらレザータイプに交換することも可能なので、まずは手軽に試してみることをおすすめします。

Top