お気に入りの靴を長く使うための修理方法と修理できない状態の対処法

靴は自分の足に丁度良い履き心地の一足を見つけるのが難しいため、お気に入りの靴は出来るだけ長持ちさせたいものです。その一方で靴は消耗品でもあることから、履き続けると次第にそこがすり減って劣化してしまいます。

傷みが生じた靴は履き心地が悪くなる他、そのまま放置すると修理が出来ない程の大きな損傷に至ってしまいます。靴の修理に関する注意点を学び、愛用の一足を長持ちさせるように心がけましょう。

靴が傷む原因と劣化の詳細

靴は用途の性質上、体の重みが常に加わります。また、固いアスファルトの他に未舗装の砂利道や汚れたぬかるみなど様々な環境に晒されることから傷みが生じやすい傾向があります。特に靴に付着した汚れは靴底のひび割れをはじめとする様々な劣化を引き起こす要因になるので、わずかな汚れでもすぐに取り除くのが愛用の靴を傷めないための条件です。

その一方で量産品の靴は安価な材料で作られていることから、過度の洗浄は却って劣化を促進させてしまうので注意する必要があります。靴の劣化は汚れの他に紫外線に晒されることでも促進されます。靴底のゴムは紫外線に弱く、短時間で弾力性が損なわれてしまいます。

しかし靴は屋外での歩行に不可欠なので、どのように扱っても紫外線に晒されて劣化が生じてしまうのが問題です。そのため、お気に入りの靴は定期的に修理を行って良好な状態を保つのが無難な対処法です。

靴の修理を行う際の業者選び

靴の修理は主にひび割れなどの傷みが生じた靴底部分に補修用のシートを貼り付けるのが一般的な方法です。特にすり減りやすいかかと部分は厚手のゴムシートを使うのが効果的な方法ですが、シートの貼り方で靴の履き心地が変わってしまうことがあります。

そのため、靴の修理を行う際は信頼出来るベテランの職人がいる業者を選ぶことが重要になります。

靴の修理は傷みの状態だけではなく、靴の材質やサイズで最適な方法が変わります。また、同じ修理方法でも職人の技術力で仕上がりが大きく異なってしまいます。靴の修理はやり直しが出来ないことから業者選びは慎重に行うことが大切です。

近年では安価な靴を履きつぶすケースが多いので修理業者の数が減少傾向にあることから、特に業者選びは口コミや過去の実績を考慮して判断することを心がけます。

『大切な革靴の底の減りが気になる!そんな時は迷わず早めに修理しよう』

修理ができない傷みの種類と対処の方法

傷んだ靴は職人による修理で再び気持ち良く履くことが出来ますが、損傷が酷いとベテランの職人でも直すことは出来ません。靴底のひび割れは補修用のゴムシートの厚さや大きさを調節することで対処が可能ですが、側面や先端に生じた穴は直してもすぐに傷みが生じるので根本的な修理は不可能です。

また、極端に古い靴は全体的に劣化しているので修理を行っても傷みが生じやすいことから、業者が修理を断ることがあります。そのため、お気に入りの靴に修理ができない程の傷みがある場合は自分で対処する必要があります。

靴の傷みへの対処は専門の技術が必要なので、素人に出来ることは限られています。

最も良い方法は傷んだ靴を履かないことですが、お気に入りの一足を履きたい気持ちを抑えるのは困難です。どうしても履いて外出したい場合は長時間の使用を避け、必要な場所だけで履くのが劣化の促進を防ぐための工夫です。

水たまりなど濡れやすい場所では靴全体を覆うカバーを重ね履きするなど、靴に汚れを付けないように気を配るのも傷みを拡げない工夫の一つになります。

靴の種類で異なる最適な修理の方法

靴は材質や用途によって種類が異なり、傷んだ際の修理方法も違いがあります。特にかかと部分の材質は靴ごとに異なることから、修理の際は靴の材質に合わせて方法を変えるのが靴を長持ちさせるための条件です。そのため、材質がわからない靴は適切な修理ができないという理由で業者が断ることがあります。

また、安価な海外製の靴は日本では使われていない材質で作られている物もあるので、購入する際は傷んでも修理が出来ないことを把握する必要があります。

購入する際は相手側の評判や靴の材質を確認するなどの姿勢が求められます。靴は大きく分けて歩行を快適に行う実用性を重視したものと、足元のおしゃれを演出する装飾品としての用途に特化したものがあります。実用品として用いられる靴のほうが傷みが生じやすいので、修理の際は用途を踏まえて業者を選ぶのが良い結果を得るためのポイントです。

歩行目的の靴でも平地での移動と荒れ地や斜面の移動とでは傷みの頻度や性質が変わるので、修理の際もそれを踏まえて方法を選ぶのが靴の履き心地の改善に繋がります。

『初めての方にオススメ!気軽に靴修理に出せる格安店をご紹介!』

特殊な用途で使われる靴の修理について

靴は屋外での歩行の他、工場などの施設で作業に従事する際にも用いることがあります。特に精密機器や食品などの製造現場では耐電や耐油など、特殊な加工が施された上履きが使われるのが普通です。靴の修理は対象の靴の材質に合わせて使用するゴムシートや補修剤を選びますが、耐電や耐油などの性質を持つ特殊な靴は普通の補修剤を使うことは出来ません。

また、特殊な靴は履きつぶす使い方が一般的なので、専門の修理業者でも扱わないことがあります。そのため、耐電や耐油などの性質を持つ靴は複数用意しておくのが傷んだ際に迅速に対処するための心得です。

『靴の修理の時にかかとをみれば体の歪みが分かる』

修理できない靴のリサイクル方法

修理が出来ないほどの酷い傷みが生じた靴はそのまま捨ててしまうことがありますが、ゴミとして処分するのは資源の無駄遣いになってしまいます。靴はゴムをはじめとする複数の素材で作られているので、上手に分解して分別することで資源の再利用が可能になります。

靴に使われる素材は良質な物が多いので、リサイクル用の原料に最適です。特に海外向けのリサイクル資源は良質な素材が求められるので、靴の再利用は資源の確保に向いた方法です。また、焼却や埋め立てを行う必要が無くなるので環境保全に役立つのも利点の一つです。

リサイクル資源の素材に適さないほどに劣化した靴は廃棄するのが無難な対処法ですが、そのまま捨てると環境に悪影響が及ぶので注意が必要です。小さく切り刻んで容積を減らしたり、高温で急速に焼却して有害なガスの発生を抑えるなどの工夫が必要になります。

素人作業では適切な処理は出来ないことから、廃棄物を処分する専門業者に依頼するのが賢明な方法です。その反面、業者へ依頼する際は一定以上の数が必要になることから、予め不要な靴を複数用意しておくのがスムーズに処分するための工夫になります。

Top